Instagram facebook
ご予約はコチラから

パーマ比較表COMPARISON WITH PERM

パーマ比較表+パーマQ&A

エアウェーブ
デジタルパーマ
ナノウェーブ

パーマ比較表


エアウェーブ(エアパーマ)
デジタルパーマ(SCCパーマ)
ナノウェーブ(水パーマ)
適応スタイルの長さ
ミディアムショート~ロング
ミディアム~ロング
ショート~ロング(全ての長さに対応)
適応スタイルの種類 
ふんわり感のあるウェーブボブ
ナチュラルウェーブの様なスモーキー
ツヤ髪ロング
ソフトボリュームショート

アイロンセットした様なゆるウェーブスタイルやツヤ巻き髪スタイル
内巻きカールスタイル

ボディーパーマショート
ソフトウェーブミディアム
ニュアンスパーマスタイル
テクニカルパーマスタイル
(カーリー、ウェーブ系)

仕上がりカール、
ウェーブの特徴

ふわふわ感のある柔らかな外人風ウェーブ
クリヤなツヤ感のある弾力性にとんだ立体的カール、ウェーブヘアになる
色々な種類のカールウェーブをつくる事が出来る
システムの特徴
物質のクリープとガラス化原理を応用しダメージレスを追求した低温域(55℃)ホット系記憶形状パーマ
髪を保護し栄養分を補給しながらカール、ウェーブをつくるローダメージを目指した記憶形状ホットパーマ
ナノスチーム(モルビドスチーム)が髪の内部に瞬時に入り込む原理を利用して、髪にナノスチームを当てた状態でパーマ液を使いウェーブをつくる低温パーマ
カールの持ち
4~5ヶ月後からカール、ウェーブがとれ始める。
従来のパーマの150%持ち。

4~5ヶ月後からカール、ウェーブがとれ始める。
従来のパーマでは考えられない持続性のあるカール、ウェーブに持ちを実現。

1ヶ月頃から徐々にカール、ウェーブがとれ始める。
【テクニカルパーマスタイルなど特定のパーマを除く】

施術時間
3時間~3時間半(シャンプー、カット&エア パーマ)
施術時間が長いので時間に余裕のある時がオススメ

3時間~3時間半(シャンプー、カット&デジタルパーマ)
施術時間が長いので時間に余裕のある時がオススメ

2時間(シャンプーカット&ナノウェーブ)
【テクニカルパーマは3時間以上。ニュアンス、ボディーパーマは1時間半程度】


パーマQ&A

Q1ー 
デジタルパーマをかけたいのですが、友人から髪が傷んでしまったと聞いて心配です。大丈夫でしょうか?

A1ー 
加温式デジタルパーマ(注1)は髪の状態や求めるウェーブによって適切なレベルの薬液を選択する必要があります。毛質判断は難しく施術プロセスも多い為、データ不足やテクニック不足で髪質診断や使用薬液のチョイス、使用方法などを誤ると良い結果が得られません。美容室の技術レベルに原因があると考えられます。最善の方法で施術されたデジタルパーマはウェーブ、カールが綺麗で髪の痛みも最小限に抑える事が出来ます。

Q2ー 
デジタルパーマは時間がかかると聞いていますが、どれぐらいかかりますか?

A2ー 
目安は通常のパーマで2時間~2時間半位、デジタルパーマは3時間位です。髪の長さやスタイルによっても施術時間は変わります。一回の施術時間は少し長く頂きますが、デジタルパーマが4ヶ月は持つ事を考えると時間的にも料金的にもリーズナブルになるはずです。常に再短時間で最高のサービスをご提供する事を一番に考えておりますが、デジタルパーマ、エアウェーブは少し時間に余裕を持って予約して頂けるとうれしいです。

Q3ー 
デジタルパーマをかけると本当にセットしたような感じが簡単に自分で再現出来るの?

A3ー 
適切な施術方法で綺麗にかかったデジタルパーマのお手入れは簡単です。FIX-UPではデジタルパーマをかけられた方の為にハンドドライヤーとスタイリング剤の使い方を中心としたスタイリングテクニックをお教えしています。アイロンでセットしたような仕上がりになります。目から鱗のテクニックです。楽しみにしていらして下さい。一度、デジタルパーマを体験された多くの方が再度リクエストなさっています。

(注1)
デジタルパーマは加温式パーマと言う事で認可登録されており、熱処理によってウェーブ、カールをつくるパーマシステムです。これと比べて熱処理無しでウェーブ、カールをつくるパーマシステムはコールドパーマと呼ばれています。エアパーマも加温式パーマの一種です、パーマの選択はヘアスタイルや髪質ダメージの度合いによって慎重に考えなくてはなりません。

Q4ー 
肩下の長さのロングヘアなのですが、ナチュラルな感じのウェーブヘア希望です。どんなパーマがおすすめですか?髪が傷まないパーマ希望です。

A4ー 
エアウェーブかナノウェーブをおすすめします。ふわふわ感のある柔らかなウェーブをつくる事が出来るエアウェーブは外人風くせ毛ふわゆるウェーブスタイルには最適なパーマです。スモーキーな質感や空気を含んだ様な自然なボリューム感はヘアスタイルをナチュラルな感じに見せます。エアウェーブほどは長持ちはしませんが、よりルーズな感じのウェーブヘアをご希望ならナノウェーブをオススメします。自然派の方にはオススメです。
パーマによる髪にかかるダメージの原因はパーマ液中に含まれるアルカリ剤によるものです。施術前の毛髪診断から始まる正しい薬液選択が大切です。低温域でパーマをかけるエアウェーブはアルカリ剤の作用を極力抑えるシステムを採用しており最も髪に優しいパーマといえます。
FIX-UPではある程度高温域でかけるデジタルパーマでも髪の痛みを極力押さえる為、アルカリ剤のコントロールや、毛髪保護剤、毛髪栄養成分を補給しながら万全の施術を心がけております。 施術後のトリートメントも万全のラインアップで健康な髪をサポートしております。
適切なケアをすればパーマをかけても綺麗な髪をキープする事が出来ます。

Q5ー 
少し長めのミディアムショートヘアです。髪が細く軟毛ですぐペッタリした感じになってしまいます。ふんわりウェーブヘアにしたいのですが。

A5ー 
エアウェーブがオススメです。エアウェーブはふわふわ感のある柔らかな外人ウェーブが特徴ですが、根元にも自然なボリューム感を付ける事が出来ます。デジタルパーマは根元にパーマをかける事は出来ませんしナノウェーブはエアウェーブには及びません。柔らかく弾力のあるナノウェーブでつくるボリューム感たっぷりのショートヘアやミディアムヘアはミドルエイジ以降の方にはとくにオススメです。

Q6ー 
現在ストレートパーマをかけています。軽いゆる巻き系ウェーブスタイルにしたいのですが、以前担当してもらった美容師さんに相談したところ止めた方がいいのではと言われました。憧れなのですが出来ますか?

A6ー 
縮毛矯正のレベルや使用薬液のレベルにもよりますが、デジタルパーマを使えば可能です。FIX-UPでは〔縮毛矯正+デジタルパーマ〕という特別メニューをご用意しております。
縮毛矯正した髪の内部のタンパク質は多少なりともタンパクの変性(硬化)がみられます。熱変性した髪はナノウェーブやコールドパーマは基本的に使えません、高温域でかけるデジタルパーマは縮毛矯正パーマと共通性があり、ストレートパーマをした後にデジタルパーマをかけるとツヤ髪ゆるウェーブをつくる事が出来ます。
注意しなければならない点は、縮毛矯正された髪のダメージ度合いの見極めです。ダメージが進み過ぎた毛髪にはデジタルパーマでも対応出来ない場合があります、縮毛の度合いを適正に判断し矯正された髪はダメージも少なく、デジタルパーマで綺麗なカール、ウェーブ表現が可能です。
FIX-UPでは縮毛の度合いによって高温域と低温域の縮毛矯正パーマをご用意しており全ての縮毛矯正レベルに対応しています。
縮毛矯正レベルではなく広がる髪を押さえ、サラツヤ髪を希望されるお客様には、髪にやさしいトリートメントタイプのコスメクリーム(注2)をご用意しました。ぜひ、お試し下さい。

(注2)
コスメクリームはパーマ液と異なる毛髪軟化を行うトリートメントタイプのストレートパーマです。ハリ(ボリューム)を落ち着かせ、うねりやハネを矯正しながらしっとりとしたツヤ髪をつくります。